安中ジャイアンツ

 群馬県安中市で活動しているドッジボールチームです。全国大会にも出場したチームです。『挑戦!』をモットーに日々練習の励んでいます。

記事一覧(95)

夏をどう過ごすか?

 昨日は、カワチカップに参加しました。栃木県ドッジボール協会の方々、審判の皆様、参加したチーム関係の皆さん大変お世話になりました。栃木県の代表になった北郷fiveさん、優勝おめでとうございます。試合の関係で準決勝から観戦しましたが、どの試合も迫力のある試合で、見てるだけで興奮しました。 さて、このカワチカップではチャレンジの部(8人制)に参加をしました。いつもは12人に足りず、人数の少ない中、オープン大会や練習試合に参加していることが多いですが、今回は4人もベンチで温存。誰をどのように使うか悩む1日でした。初めて選ぶという経験をして、人数の多いチームの監督さんは大変だなぁと感じました。 試合の方は、前の日の練習でかなり下半身を鍛えたことで、選手の多くは腿が筋肉痛!というありさま。普段の練習が甘いことが露呈してしまいました。そのため、守備の構えが全員高く、下のボールのキャッチのスピードが遅れがちで、よく当てられてしまった1日でした。とは言っても試合は試合。筋肉痛に耐えてこそ一皮むけると信じて試合に臨みました。予選は2勝1分け1敗で2位で通過。8人制という普段よりは少ない人数の試合ながらよく頑張っていました。 決勝トーナメント1回戦は大間々DBCさん。県予選でも戦い、交流戦でよくお手合わせをするチームです。県予選ではジャイアンツが勝っていました。そのため、やりずらいなぁという気持ちが自分の中にはありました。挑戦する方が気持ちが前向き。案の定、ジャイアンツは緊張のあまり、攻撃に精彩を欠き、最後は人数差をつけられての敗戦。勝った大間々さんはその後勝ち進んで優勝。大間々さんおめでとうございます。 この敗戦を踏まえて、本日の練習では、ポジション替えを考え、子供たちに様々なポジションを経験させることにしました。安定してゲームを作れる外野がジャイアンツにとっては必要です。4月から頑張ってきた5年生の外野君。素晴らしい成長を見せてくれています。ただ、これからはさらにうまくなるためにもチーム内で競争して勝って、外野のポジションを不動の位置にしてほしい。そういう思いと、6年生で外野候補として名乗りを上げた女子。キャッチのかなめとして頑張ってきましたが、ボールさばきのうまさが最近見られるようになり、外野候補に名乗りを上げました。キャリアが長いのでゲームを作れる外野になってほしい。二人の良さを引き延ばしていきたい考えています。 こうした競争原理が働かないと、チームとしては強くなりません。人数が少ないチームだけにチーム内で競争させるのは難しいですが、あえて、そこに挑戦しようと考えています。今年の夏はチーム内での競争と部員獲得を目標に、秋に向けて頑張っていこうと思います。

群馬県予選

 本日は群馬県予選でした。協会の皆様、審判の方々、チーム関係者の皆さん大変お世話になりました。優勝したプニーズ寺尾さん、おめでとうございます。 先週の交流戦で体調不良で救急搬送になり、ジャイアンツの保護者だけでなく様々なチームの皆さんにご迷惑をかけてしまいました。今日は朝から「体は大丈夫?」との声をいただき、本当にご迷惑をかけてしまったんだなと深く反省しています。でも、チームの垣根を越えて声をかけてくださった皆さんの暖かな気持ちに、胸を打たれました。 ジャイアンツは春先からなかなか12人そろっての試合ができませんでしたが、この大会に関してはチーム全員が集まり臨むことができました。まずは、一安心。 試合は予選1試合目が、準優勝になったチームザ群馬さん。速いパス回しに翻弄しつつもなんとか互角に戦ったものの、最後は力及ばず敗戦。2試合目は大間々さん。先日交流戦でお世話なったチームです。1試合目の敗戦を帳消しにしようと、子供たちはよく頑張りました。1人差ですが勝ちました。3試合目は優勝した寺尾さん。何もさせてもらえず負けました。 午後のトーナメント1回戦は佐野小ファイターズさん。息子がアジアカップでお世話になって以来、いつも声をかけてくださるS監督。お世話になりました。北関東大会出場をかけた試合ともあって、白熱した試合でした。ジャイアンツの子供たちには「結果がどうであれ、悔いの残らないをしなさい!」それだけの指示を出しました。前半、お互いのキャッチがよく、均衡が破れません。3分経ったところで、キャプテンのアタックがきまり、1人差でリード。ですが、さすが佐野小さん。後半の攻め方がうちでは防ぎきれず、逆転負け。 悔しい思いもありましたが、今シーズン一番の試合が見られた満足感がありました。全員そろっての練習は、今週の火曜日と木曜日だけ。チームワークはどうなるかなと思いましたが、キャプテンを中心によくまとまった試合になりました。子供たちの中にも佐野小さんとの試合は、やり切った感があったようです。 1日を通して、保護者、選手、スタッフが一体となった1日になり、自分としては満足できた県予選でした。みなさんのおかげで、活動ができているんだなと感謝の気持ちでいっぱいです。 今の実力的には、ここまでだったかもしれません。6年生6名いるチーム。例年になく6年生が多い今シーズン。一つでも多く納得できる試合になるように、練習に励まなければなりません。 13名でぎりぎりのチーム事情です。明日は、安中小で体験会があります。先日の育成会行事でドッジボールの楽しさを味わってくれた子がたくさん来て来ることを期待しています。 

新人戦

 ひだまり杯翌日の4日は県内の新人戦でした。群馬県協会の皆様、審判の方々、各チームの皆様お世話になりました。高学年の部優勝のTERAOさん、低学年の部優勝のTPGさんおめでとうございます。 この大会は10人制。12人しかいないジャイアンツのとっては有難い10人制。しかし、うちのキャプテンが昨日のひだまり杯で足首を負傷(その後捻挫ということがわかりました)。エースがいない大会となりました。エースがいないからこそ、ほかの子に奮起をしてもらわないと。この日は6年生を中心に様々なチャレンジをしました。 普段アタッカーをしていない子にアタッカーに入れて、試合に臨みました。とうぜん、うまくいくはずがありません。しかし、4月の練習は、全員が走りながらとって突っ込んで投げる練習をひたすらさせていました。そのおかげで、この大会では形にはならないものの少しづつ子供たちはやってやろうという気迫が出てきました。午前中の予選は1勝2敗で4チーム中の3位。エースがいないから仕方ないといえば仕方ありません。 午後はトーナメント。初戦の相手は剛志さん。女子チームですが男女混合チーム顔負けのパス回しが早く、正確なアタックを決めるチームです。昨シーズン1度も勝つことができませんでした。この試合は、外野の5年生がボールをうまく回すことができるように動き、いつになくよいパス回しができました。それと内野のアタッカーも、足を使ってボールをさばき、突っ込んで投げる姿勢が見られました。キャッチも3年生の1人が当たっただけでしのぐことができました。久しぶりに剛志さんに勝つことができました。 準々決勝の相手は優勝したTERAOさん。試合前、4年生が腹痛を訴え試合に間に合わず、けがをしているキャプテンを外野に。試合が始まると、いつもの癖かキャプテンにボールが。日頃からキャプテン頼みのチームということがわかります。足を引きずりながら2回ほどパスを返しました。その姿を見て、途中で審判が声をかけ、下げるかどうか協議をし時間を使ってしまった場面がありました。試合進行を中断をさせてしまい申し訳ありませんでした。 試合の方は中盤1人差まで差を縮めることができましたが、最後は力及ばず敗戦。でもTERAOさんに対して向かっていく姿勢が見られたのでよかったなと思いました。 キャプテンがいないゲームがどこまでできるのか不安でしたが、子供たちなりに考え動き頑張った1日になったのではないかと思います。 閉会式の時に、内のチームのOGでいつも帯同審判をしてくれる中3のNN。この大会の優秀審判賞に輝きました。おめでとう。勉強に部活にジュニア審判に。時にはチームの良きお姉さんとしてジャイアンツを支えてくれている彼女。本当に感謝しております。この賞を励みにさらなる活躍を期待しています。

ひだまり杯

 ゴールデンウィーク10日のうち5日がドッジボール。練習2日、練習試合1日、県外遠征1日、県内大会1日という感じでした。 3日に行われたひだまり杯。実行委員会の皆様、審判の方々、各チームの皆さん大変お世話になりました。優勝されたSAKURAさん。おめでとうございます。 さて、この日のジャイアンツは10人での参加。2人のビハインドは結構重く響きました。午前中の予選リーグは全敗。しかも、神奈川県のフェニックスさんには試合序盤から速いパス回しに対応しきれず今シーズン初の0負け。 このような試合があり、今日は厳しいかなと予選リーグが終わってから感じました。予選最下位でしたので交流の部に。 1回戦は長野県のチームフェニックスさん。負ければ終わりのトーナメント。1つでも勝って勝利のお土産をもって帰りたい。全員がこのような思いをもってきっと戦ったのだろうと思います。攻撃にリズムが出てきて、1人差ながら勝利しました。2回戦は千曲ビクトリーさん。千曲の監督さんとは長野の大会でお会いするとよくドッジボール談義をしてくださる方です。この試合は、左のアタッカーが当てられて外野に出たものの、いい局面で当てて中に入り、そのまま粘り切って1人差で勝ちました。 交流の部準決勝です。相手は上田UION-BEATさん。30日の交流戦では1度も勝てなかったチームです。試合は30日の試合同様に、早い折り返しからの攻撃。ジャイアンツはこの試合1人も当たらずにしのぎました。攻撃は5分間の中でチャンスを見つけては攻撃をし、2人当てて9対9。サドンデスから名前が変わったvポイントゲームに。このジャンプボールの時にうちのキャプテンが足首を負傷。ジャンプボールはとれず、相手ボールに。守りに守ったうちのチームですがUNIONさんのリズムを変えた攻撃に一瞬戸惑い、そこでこの試合初めて当てられて負けました。 ひだまり杯はチームの中から1人MVPを選びます。ジャイアンツからは2番の左のアタッカーを選出しました。体は細くまだまだパワー不足は否めませんか、テクニックと投げるコースを考え始めて、チームにかなり貢献できるようになってきました。今後の活躍の期待を込めてMVPに選びました。 午後の戦い方は、気持ちそのこもった試合ができました。これが続くといい試合ができると思います。さて、翌日は新人戦。新人戦は次の記事で。

平成最後の交流戦

まだまだ遠いスタートライン

  昨日と本日は第20回カイリンユネスコ杯でした。主催者の方々、審判のみなさん、各チーム関係者のみなさん、お世話になりました。ジャイアンツは今シーズンから監督が変わり、新たなるスタートを切るはずでした。が、本日の試合内容からするとスタートを切れていない状態です。  予選リーグは2勝3敗で6チーム中3位。勝った試合は内容は悪くはなかったものの、負けた試合は僅差での敗戦。今シーズンのチームは守備でしのぐチーム。そのため、負けた試合は攻撃力の弱さを露呈してしまいました。  決勝トーナメントも決定力不足。1回戦で敗れました。  試合後、40分以上の話し合い。子どもたちもこれからの攻撃の仕方、さらに守備力を高めるためにはどうしたら良いかを考えさせました。  ジャイアンツはまだまだスタートラインに付けていません。自分達が見出した課題が解決できないとスタートを切れません。スタートラインに早く着くように練習を重ねていかねばなりません。  優勝した岩槻ジェニシスさん。おめでとうございます。バランスのとれてる素晴らしいチームです。試合を見て自分は勉強になりました。子どもたちは決勝戦を見て何か得るものはあったかな?  明日から新学期スタート。ジャイアンツのみんな、元気に登校してね。